すばやく、深く、わかりやすく、
薬の特徴処方のポイントがわかる
じほうの治療薬ハンドブック

治療薬ハンドブック 2020 治療薬ハンドブック 2020
監修:
髙久 史麿
編集:
堀 正二、菅野 健太郎、門脇 孝
乾 賢一、林 昌洋

定価(本体4,400 円+税)

B6変型判 / 1,566頁

ISBN:978-4-8407-5228-2

SCROLL

日々の業務、添付文書情報だけで足りていますか?

  • CASE01

    どちらがいい?

    同効薬のうち、この患者へ
    使える治療薬の選択肢は?

  • CASE02

    できるの?

    粉砕、脱カプセル、簡易懸濁、
    できる?できない?

  • CASE03

    どちらがいい?

    添付文書の
    大事なところだけ比べたい!

添付文書を並べて比較する必要ありません! 欲しい情報にパッとたどり着く。
それが治療薬ハンドブックです。

  • 処方Point・薬剤Pointですばやく薬の特徴を把握!

  • 欲しい情報に焦点を合わせたわかりやすい編集!

  • 詳しすぎず、簡潔すぎず、しかも見やすい!

  • 特徴

    01

    治療薬ハンドブックで
    わかる薬の特徴

    処方視点で書かれた処方Pointと医薬品の薬理作用や性格をまとめた薬剤Pointで治療薬の特徴が把握できます。

  • 特徴

    02

    “じほう”だから
    掲載できる独自情報

    粉砕や簡易懸濁の可否、腎機能障害患者への投与、妊婦の服薬危険度など添付文書にない情報も直感的に得られます。

  • 特徴

    03

    同効薬の薬物動態を
    ひと目で比較できる

    添付文書やインタビューフォーム、各種文献をもとに最新データを反映。各薬物の特性や特徴などひと目で確認できます。

書籍購入者限定 「治療薬ハンドブックアプリ」

製剤写真・化学構造式・添付文書を
いつでもどこでも確認できる!
本書をご購入いただいた方限定の無料アプリ

※Apple、Appleのロゴ、iPhone、iPadは、米国もしくはその他の国や地域におけるApple Inc.の商標です、App Storeは、Apple Inc.のサービスマークです。

※Google PlayおよびGoogle Playのロゴは、Google LLCの商標です。

アプリの特徴

  • POINT 01

    優れた検索機能で調べたい薬剤情報に素早くたどり着けます!

  • POINT 02

    ネット環境がなくても大丈夫!在宅でも医療機関でもどこでも検索できます!

  • POINT 03

    書籍1冊(1ID)でスマホとタブレットなど2端末まで利用OK!

  • POINT 04

    年4回の情報更新サービスつき

愛読者の声 現場で利用されている方からの
ご推薦コメント

  • USER VOICE 01

    製剤情報をさっと確認できるところが気に入ったポイント

    東京慈恵会医科大学附属病院 薬剤部

    鈴木 友華さん

    粉砕可否や簡易懸濁は病棟でも医師や看護師からの問い合わせが多く、製剤情報をさっと確認できるところが治療薬ハンドブックを気に入ったポイントです。その他にも、治療のポイントや薬の特徴がまとめられている処方Pointや薬剤Pointは便利だし、情報がコンパクトになっているので実習生にも持たせたいです。手元に置いておきたい本ですね。

  • USER VOICE 02

    授業そして実務実習において実践的に活用できる1冊

    東邦大学薬学部 教授

    加藤 裕芳先生

    まず、疾患、病態そして薬物治療を各章の「基本知識」から身につけよう。次に各薬剤の「薬剤point」に記載されている観察すべき項目や説明すべき内容、「潜R」すなわちRMPにおける「重要な潜在的リスク」などをチェックして、いざベットサイドへ。仮免許中の実務実習生が臨床の現場で頼れる1冊だと思っています!

あなたの声で治療薬ハンドブックは
さらに使いやすくなります

本書をご購入いただいた方を対象にアンケートを実施しております。
ご回答いただいた内容は今後の本書の改善・改訂に役立ててまいります。

アンケートを回答いただいた方の中から
治療薬ハンドブックオリジナルサーモス真空断熱スープジャーを
抽選で100名様にプレゼント

オンラインでも実店舗でも!
本書のご購入方法

治療薬ハンドブック2020

新刊情報や各種お知らせなどを配信しています

Twitterではリアルタイムで、LINEでは月に1回新刊情報やオススメ書籍情報、各種お知らせなどを配信(予定)しています。
下記ボタンからフォロー、友だち追加をお願いします。

Twitterでは新刊情報などをリアルタイムで、LINEではオススメ書籍情報やLINE限定コンテンツを月に1回配信しています。
下記ボタンからアカウントフォロー、友だち追加をお願いします。