書籍詳細

治療薬ハンドブックの特徴
〜現場の悩みにすばやくアプローチ!〜

日頃の業務で起こりやすい疑問や悩みに治療薬ハンドブックはお応えします!

CASE 01

同効薬がたくさんあって…
どの治療薬が良いか添付文書を
比べるのが大変!

POINT

治療薬ハンドブックなら…
添付文書+αの情報で
同効薬の違いがみえてくる!

処方するときの視点が書かれた「処方Point」と薬のもつ性格や特徴が書かれた「薬剤Point」。同効薬を比較すれば同じ所や違う所がみえてきます。薬学管理や薬剤選択のヒントがひと目でわかります。

CASE 02

患者が錠剤を飲みにくいと訴えているけど…
この医薬品は粉砕しても大丈夫?

POINT

治療薬ハンドブックなら…
薬剤リストのマークで粉砕可否から代替剤形までパッとわかる!

同一成分に代替剤形がないものの粉砕可否をマルバツで表記。さらに粉砕できないもののうち10分以内に崩壊・懸濁するものにマークを付け処方・調剤の選択肢がひと目でわかります。散剤など代替剤形もみつけやすく患者にあった薬剤選択を行えます。

CASE 03

同効薬がたくさんあって…
腎機能が低下していても使える代替薬は
ないだろうか?

POINT

治療薬ハンドブックなら…
薬物動態や製剤の違いをすばやく比較できます!

同効薬であっても消失が腎臓なのか肝臓なのかなど、それぞれに特徴がありますよね。治療薬ハンドブックなら主な薬物の特徴を薬物動態比較表ですばやく比較できます。さらに、付録の「治療薬比較ブック」には動態的パラメータから添加剤の違いまで“ かゆいところに手が届く”情報を薬効群ごとに収載しました。
※内容が変更となる場合があります。

CASE 04

治療薬に関する最新の情報や
適応外使用について
知見やガイドラインを
確認しておきたい、、、

POINT

治療薬ハンドブックなら…
医薬品の動向からガイドラインまで最新の情報が充実!

治療薬の最新動向、使用のポイントや注意点、適応外使用の情報まで臨床に役立つ情報で治療薬の”今”を把握できます。さらに、主な診療ガイドラインを一覧で紹介。インターネット上で内容が公開されているものにはPCマークを付けておりエビデンス確認もスムーズに行えます。

こんなときは

ちょっとしたときに治療薬について
調べたいけど
手元に書籍がない、、、

POINT

治療薬ハンドブックなら…
書籍とアプリがセットで使えます!

書籍を購入するとスマホで使えるアプリも無料で利用可能。検索機能で知りたい製剤情報に素早くたどりつけ、製剤写真や化学構造式、さらに詳しい情報が必要な場合には添付文書リンク機能なども充実!ちょっと知りたいときやさっと検索したいときなど様々なシーンで活躍します。

「治療薬ハンドブック」
その他の特徴

ハイリスク薬や運転注意をアイコン表記で直感的に理解でき、患者指導、妊婦、腎機能、検査、後発品など添付文書に記載のある情報から添付文書外の情報まで、日常業務にあったら便利な情報をわかりやすく収載しています。

主な臨床情報 詳細

処方するときの視点で書かれた、薬物治療のポイント
薬理作用や特徴など医薬品のもつ性格のポイント
服薬・保管時の留意点に関する指導事項
副作用への対処法など患者へ伝えるべき内容
虎の門病院における相談事例をもとに妊婦が服薬した場合の催奇形性リスクを6段階で評価
腎不全時、透析時の投与目安を3ランクで記載
添付文書の警告欄に検査の必要性が記載されているものについて、重大な副作用回避のための検査項目と検査時期を記載
オーソライズド・ジェネリック(AG)を含む当該成分の後発医薬品情報を収載

オンラインでも実店舗でも!
本書のご購入方法

治療薬ハンドブック2020

新刊情報や各種お知らせなどを配信しています

Twitterではリアルタイムで、LINEでは月に1回新刊情報やオススメ書籍情報、各種お知らせなどを配信しています。
下記ボタンからフォロー、友だち追加をお願いします。

Twitterでは新刊情報などをリアルタイムで、LINEではオススメ書籍情報やLINE限定コンテンツを月に1回配信しています。
下記ボタンからアカウントフォロー、友だち追加をお願いします。